まずは診断してみよう【無料・匿名】借金減額診断

【厳選】経験者が選ぶ債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所

債務整理を考えているけど・・・
・司法書士と弁護士どちらに相談すれば良いの?
・相談ではどんなことを聞けかれるの?
・事務所はたくさんあるけどどこが良いの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 弁護士・司法書士選びの重要さ
  • 弁護士・司法書士どちらに依頼すべきか?
  • 弁護士・司法書士事務所選びのポイント
  • 債務整理におすすめの弁護士事務所/司法書士事務所
  • 面談で聞かれる事と準備しておくもの

本記事では債務整理の弁護士/司法書士の選び方から、おすすめの事務所まで解説します。

この記事を書いた人

FXで1500万円の借金を負い2022年に自己破産(管財事件)。

当ブログでは実体験をもとに債務整理のノウハウを解説しています。

参考:自己破産体験談

リボ払い・ローン・奨学金などの借金で債務整理を考えている方は、いち早くプロ(弁護士・司法書士)に相談して何かしら対策をすべきです

私も自転車操業が限界にきてから弁護士に相談し自己破産しましたが、もっと早く決断しておけば良かったと思っています。

しかし、いざ相談しようと思っても初めての体験なので迷ってしまいますよね。

不安が少しでも解消するよう徹底解説しますので、ぜひご覧ください。

目次

弁護士・司法書士選びの重要さ

まずお伝えしたいのは、債務整理をうまく進めるには弁護士・司法書士選びはとても大切です

変なところに依頼してしまい、

  • 手続きが進まず、債権者から訴えられてしまった
  • 同時廃止できる内容なのに管財事件になってしまった
  • 相場より高い費用になってしまった

このような失敗例はよく聞きます。

こうした失敗を避けるためにも選び方のポイントをおさえておきましょう。

弁護士・司法書士どちらに依頼すべきか?

まず、弁護士と司法書士の事務所がありどちらも同じような内容のHPだったりするので、どちらに相談すべきか迷ってしまいますよね。

実際には弁護士と司法書士では取り扱える業務の範囲に違いがあります

細かい違いは以下の記事で解説していますのでぜひご覧ください。

ここでは、結論のみ。以下の基準で選べば間違いないです。

弁護士or司法書士の選択基準
  • 任意整理(140万/1社 未満)・・・どちらでもOK
  • 任意整理(140万/1社 以上)・・・弁護士
  • 自己破産、個人再生・・・弁護士

債務整理の弁護士・司法書士事務所選びのポイント

債務整理の事務所の選び方①:1社に絞らない

まず、一番お伝えしたいのは相談先を1社に絞らないということです。

実際に相談してみると分かりますが、弁護士・司法書士によって回答にかなり違いがあります。

相談は無料できるところが多いので、できる限り多くの意見を聞いた方が良いです。

私も自己破産するにあたって3社に相談しました。そのうち2社からは自己破産はできないと言われていました。

しかし、結果的には残りの1社に依頼して自己破産できました。

もし1社にしか相談していなかったら自己破産をあきらめていたと思います。

参考:私の自己破産体験談

債務整理の事務所の選び方②:債務整理を得意としているか?

事務所によって得意としている分野に違いがあります。

離婚問題を得意としている事務所もあれば医療訴訟に強いところもあります。

ホームページを見ればだいたいどの分野に力を入れているか分かります。

得意分野に「債務整理」を掲げている事務所を選びましょう。

債務整理の事務所の選び方③:相談料は何度でも無料か?

1回の相談で聞きたいことをすべて聞くのは難しいです

たいていの場合、面談後に「あれも聞けばよかった」「これはどうなるのだろう?」と聞きたいことがでてくるものです。

相談は何度でも無料な事務所を選びましょう。

債務整理の事務所の選び方④:費用は相場以下か?必ず総額で比較

事務所によっては明らかに相場より高いところもあります。

安く見えてもオプション報酬や事務手数料で多くとって結局高額になるケースもあります。

着手金、成功報酬、その他手数料のトータルで見て相場から外れていないかを確認しましょう

ただし、とにかく安ければ良いというわけではありません。費用を最優先として事務所を選ぶのはおすすめしません。

以下の相場内に収まっていればOKとしましょう。

◆債務整理の費用相場(裁判所費用除く)

  • 任意整理・・・1社あたり2~5万円+減額報酬(10~20%)
  • 自己破産・・・20~50万円
  • 個人再生・・・30~60万円(住宅ローンありは+10万円程度)

債務整理の事務所の選び方⑤:全国対応しているか?

人生何があるか分かりません。債務整理の長い手続き期間の中で転勤や引越しをしなければならなくなる可能性もあります。

何があっても良いように全国対応している事務所を選びましょう。

※これについては人によるので優先度低です。転居の可能性が無いと言い切れる方は無視してかまいません。

私は自己破産手続きの途中で会社都合で転勤することになりました。

依頼していた事務所が全国対応していたので、余計な時間・費用はかからずにすみました。

依頼した段階ではそこまで想定していたわけではなく、たまたま全国対応可の事務所で結果的に助かったわけです。

そんな体験から全国対応の事務所をすすめています。

参考:私の自己破産体験談

債務整理の事務所の選び方⑤:結局は相性→複数に相談しよう

ここまで選び方のポイントを並べてきましたが、結局は弁護士・司法書士やスタッフとの相性が一番重要です。

プライベートには踏み込みすぎず淡々と手続きをこなしてほしい人もいれば、色々と相談に乗ってもらいながら進めたい人もいるでしょう。

プライベートな問題を扱うので、担当弁護士/司法書士は異性は嫌だとか、年下は嫌だとか思う人もいるでしょう。

こればっかりはホームページからは分からないので、数を打って相性の良いところを見つけるしかありません

後悔しないよう、複数の事務所に相談をして自分にとって相性のよい事務所を見つけましょう!

厳選:債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所

選び方のポイントは理解したところで「実際どこがおススメなの?」と思いますよね。

以下のポイントをすべておさえた弁護士/司法書士事務所を厳選しました。

  • 債務整理を得意としている
  • 何度でも相談無料
  • 相場以下の費用
  • 全国対応

どこもホームページから簡単に無料相談できますので、ぜひ相談してみてください!

債務整理におすすめの弁護士事務所3選

東京ロータス法律事務所(旧:岡田法律事務所)

任意整理着手金:22,000円/1社
報酬金:22,000円/1社
減額報酬:11%
経費:5,500円/1社
自己破産着手金:220,000円
報酬金:220,000円
経費:55,000円
個人再生着手金:330,000円(住宅ローンなし)
    440,000円(住宅ローンあり)
報酬金:220,000円
経費:55,000円
電話相談受付平日:10:00~20:00
土日祝日:10:00~20:00
事務所所在地東京都台東区
対応地区全国
※費用はすべて税込み価格

価格、実績、休日対応などトータルで見て一番おすすめできる弁護士事務所です。

弁護士法人ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

任意整理着手金:22,000円/1社
報酬金:22,000円/1社
減額報酬:11%
経費:5,500円/1社
自己破産着手金:220,000円
報酬金:220,000円
経費:5,500円/1社
個人再生着手金:330,000円~
報酬金:220,000円~
経費:5,500円/1社
電話相談受付平日:10:00~18:00
事務所所在地東京都墨田区
対応地区全国
※費用はすべて税込み価格

休日の電話対応が無いのがマイナスポイントですが、それ以外は価格・実績ともに申し分なし。
女性専用窓口もあるので、女性には特におすすめです!

アース法律事務所

任意整理着手金:22,000円/1社
報酬金:22,000円/1社
減額報酬:10%
経費:実費
自己破産着手金:330,000円~
報酬金:110,000円~
経費:実費
個人再生着手金:330,000円~(住宅ローンなし)
    440,000円~(住宅ローンあり)
報酬金:220,000円~
経費:実費
電話相談受付平日:10:00~19:00
土日祝日:10:00~19:00
事務所所在地東京都港区
対応地区全国
※費用はすべて税込み価格

元裁判官が代表の事務所なので、自己破産や個人再生など裁判所を通す手続きにおすすめです!

債務整理におすすめの司法書士事務所3選

新大阪法務司法書士事務所

任意整理着手金:11,000円/1社
報酬金:11,000円/1社
減額報酬:なし
経費:実費
自己破産同時廃止:275,000円
管財事件:330,000円
個人再生住宅ローンなし:385,000円
住宅ローンあり:440,000円
電話相談受付24時間365日受付
事務所所在地大阪府大阪市
対応地区全国
※費用はすべて税込み価格

減額報酬なしで着手金・報酬金で22,000円のみと最安値レベルです。女性専用窓口もあり女性にもおすすめ!

アース司法書士事務所

任意整理着手金:なし
報酬金:11,000円~/1社
減額報酬:なし
自己破産88,000円~
※別途、予納金等の実費が必要
個人再生110,000円~
※別途、予納金等の実費が必要
電話相談受付平日:9:30~18:00
土曜、夜間:事前予約により対応
事務所所在地大阪府大阪市
対応地区全国
※費用はすべて税込み価格

着手金、減額報酬やその他費用なしのシンプルな価格設定で11,000円~のみ。費用を抑えたい方にはおすすめです。

はたの法務事務所

任意整理着手金:なし
報酬金:22,000円/1社
減額報酬:11%
自己破産330,000円~
個人再生385,000円~
電話相談受付平日:8:30~21:30
土日祝日:8:30~21:00
事務所所在地本社:東京都杉並区
支店:大阪府大阪市
対応地区全国
※費用はすべて税込み価格

圧倒的な実績を誇り、信頼度を重視するならココ!東京と大阪の2拠点に事務所があり全国出張対応もしてくれます。

面談で聞かれる内容と準備しておくもの

はじめて相談するときは緊張しますよね。「何を聞かれるんだろう?」と気になると思いますが、確認されることはだいたい決まっています。

スムーズに相談をすすめるために事前準備をしておきましょう。

面談で聞かれる内容①:借金の状況

1社ごとに以下の内容を聞かれます。

  • 借入額
  • 毎月の返済額
  • いつから借りているか
  • 保証人の有無

多重債務になっていると借りている本人も把握できていないことが多いです。

この機会に改めて確認しておきましょう。債権者の一覧を作成しておくと良いです

CICなどの個人信用情報機関に開示請求するという手もありますよ。

面談で聞かれる内容②:借金の原因と経緯

「なぜ借金が増えたのか?」を答えられるようにしておきましょう。

借金の原因は債務整理を選ぶ判断材料ともなるので、正直に話しましょう。

特に自己破産では借金の原因も問われるので、原因と経緯を明確にしておく必要があります。

面談で聞かれる内容③:現在の収入と支出

収入の確認として勤務先、雇用形態、給料・賞与を聞かれます

安定した収入があるかどうかで選択する債務種類が変わってくるので、こういった確認をします。

収入とのバランスを確認するために、毎月の支出額も聞かれます

こちらはだいたいで構わないので、毎月何円くらいつかっているか確認しておきましょう。

面談で聞かれる内容④:財産の有無

以下の財産の有無と購入時期を聞かれます。購入時期は忘れていることも多いので再確認しておきましょう。

  • 不動産
  • 自動車
  • 株式
  • 購入時20万円以上だったもの

面談で聞かれる内容⑤:保険契約の有無

現在契約している保険とその内容について聞かれます。

解約返済金があるのか?ある場合いくらになるか?を確認されます。保険証書などで確認しておきましょう。

まとめ

債務整理をしなければと思っていてもなかなか動き出せないものですよね。

しかし、債務整理をした人の多くは「もっと早くやっておけばよかった」と感じています

もし借金で生活に支障がではじめているのなら、すぐに動いた方が良いです。

この記事にたどり着いたということは、債務整理をしなければと少なからず考えていることでしょう。

相談だけなら無料でできますので、思い立った今こそぜひ相談から始めてみてください

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次