まずは診断してみよう【無料・匿名】借金減額診断

債務整理後でも作れるクレジットカードを難易度別に紹介【任意整理・自己破産・個人再生】

債務整理後に作れるクレジットカード

債務整理をしたけど...
・ブラックでも作れるクレジットカードはあるの?
・審査が甘いクレジットカードは?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 債務整理後にクレジットカードが作れない理由
  • ブラックでも作れるクレジットカードの紹介
  • 審査に通るためのコツ

本記事では債務整理後でも作りやすいクレジットカードを紹介します

この記事を書いた人

FXで1500万円の借金を負い2022年に自己破産(管財事件)。

当ブログでは実体験をもとに債務整理のノウハウを解説しています。

参考:自己破産体験談

債務整理をすると5~10年はブラックリストにのるため、クレジットカードは作れないと言われています。

しかし、一部のクレジットカードは債務整理後でも作れる可能性があります

ちなみに私は自己破産して半年たたないうちに2枚カード作れました!

本記事では債務整理後でも作りやすいクレジットカードと審査通るためのコツを紹介します。

クレジットカードは持てないと諦めている方は、ぜひご覧いただき取得にチャレンジしてみてください。

目次

債務整理後にクレジットカードが作れない理由

債務整理をすると事故情報が以下の信用機関登録されます。

信用情報機関
  • CIC:株式会社シー・アイ・シー
  • JICC:株式会社日本信用情報機構
  • KSC:全国銀行個人信用情報センター

これを俗に「ブラックリストに載る」と呼んでおり、金融機関はこれらの信用情報を参照して審査を行うので、ブラックリストに載るとローンやクレジットカードの契約ができなくなります

これらの情報は5~10年保存され、その期間を「喪中」、情報が消えることを「喪明け」と呼ばれています。

ブラックリストについての詳細は以下の記事をご覧ください。

一般的にはブラックリストに載っている間(喪中)にクレジットカードを作るのは難しいのですが、一部のカードは発行できる可能性があります

ブラックでも作りやすいクレジットカードを難易度別に見ていきましょう。

デポジット型のクレジットカード【難易度:☆】

デポジット型のクレジットカードとは、事前に保証金(デポジット)を預けてその金額が限度額となるクレジットカードです。

事前にデポジットを預ける以外は普通のクレジットカードとまったく同じように使えます

カード会社としては未納のリスクがない(デポジットから充当できる)ので、信用度の低い人にもカードを発行できます。

ブラックでも審査に通る確率が一番高いのがデポジット型のクレジットカードです。

現在、デポジット型のクレジットカードを発行しているのは、「Nexus Card」と「ライフカード」のみです。

Nexus Card

Nexusカード
年会費(税込)1,375円
国際ブランドMasterCard
保証金必要額5万円~200万円
ポイント還元率0.5%
ETCカード発行不可

年会費が安く、デポジットも5~200万円の間で自由に選べます。(デポジット額が利用限度額となる)

債務整理後につくる最初の1枚におススメです

デポジット型ライフカード

デポジット型ライフカード
年会費(税込)5,500円
国際ブランドMasterCard
保証金必要額5万円 or 10万円
ポイント還元率0.3~0.6%
ETCカード発行可(保証金10万円のみ)

Nexusカードと比べると年会費は高くなりますが、デポジット10万円を選べばETCカードが発行可能です。

旅行保険も充実していますので、年会費は多少かかってもETCカードや付帯保険を充実させたい方におススメです。

私が債務整理した後に作った1枚目のカードがライフカードです。
自己破産した1か月後に申し込んで発行できました

独自審査のアメックスカード【難易度:☆☆】

アメックスカードは外資系企業なので、日本の企業とは審査基準が異なります

アメックスは過去の情報である日本の信用機関の情報よりも、現在の属性(職業・収入)を重視していると言われています

債務整理をして信用情報に傷がついていても、現在安定した仕事についており安定収入があれば審査に通る可能性があります

自社発行以外のアメックスに注意

ブラックに対して審査が甘い(現在を重視する)のはアメックスが自社発行しているカードのみです

自社発行以外にも、セゾンカードや楽天カードなどアメックスブランドのカードを発行しています。

それらのカードの審査はセゾンカードならセゾン、楽天カードなら楽天が行いますので、ブラックだと発行は難しいです。

ANAアメリカン・エクスプレス・カード(ANAアメックス)

ANAアメックス
年会費(税込)7,700円
国際ブランドAmerican Express
ポイント還元率1~1.5%
ETCカード発行可

アメックス自社発行のカードの中で一番年会費が安いのが「ANAアメリカン・エクスプレス・カード」です。

さすがのアメックスカードなのでステータスも高く、旅行保険や付帯サービスが充実しています。

審査の難易度で言ったら他のアメックス発行のカードも同じなのですが、他は年会費が1万円を超える高額なカードばかりなので、ANAアメックスを一番おススメしています。

私は自己破産から半年後にANAアメックスゴールドを作れました
いかにアメックスが現在の属性を重視しているか分かりますね。

アメックスの申し込みは紹介プログラムが一番お得

アメックスには入会時や使用金額に応じてポイントを付与してもらえる入会ボーナスがあります。

この入会ボーナスは申し込み方法によって差があり、紹介プログラムの方が多くのポイントがもらえます

  • 公式サイトからの通常入会
  • アメックス所有者からの紹介プログラム
通常入会
紹介プログラム
  • 入会ボーナス:1,000Mile
  • 3か月以内に1回1,000円以上利用:1,000P
  • 3か月以内に30万利用:10,000P
  • 3か月以内に50万利用:13,000P
  • 入会ボーナス:1,000Mile
  • 3か月以内に1回1,000円以上利用:1,000P
  • 3か月以内に30万利用:10,000P
  • 3か月以内に50万利用:16,000P

申し込む際には、アメックスを所有している周りの方に紹介してもらいましょう。

周りに紹介者のいない方は、当ブログからも紹介可能です。

下記問い合わせフォームよりご連絡いただけば、紹介申し込み用のURL連絡いたします。(匿名可です)

審査の甘い一般カード【難易度:☆☆☆】

一般的なカードの中では以下のカードが比較的審査が甘いと言われています。

ただし、基本的にブラックの状態だと一般のカードは審査通りません

デポジット型のクレジットカードやアメックスである程度クレヒスを積んだ後に挑戦してみましょう。

債務整理の対象とした会社は例え喪明けでも審査を通る可能性は低いです。

審査に通るためのコツ

キャッシング枠なしで申し込む

「キャッシングあり」で申し込むと審査は厳しくなります

キャッシングは後からでも申請できるので、まずは「キャッシングなし」で申し込みましょう。

一度に複数のカードを申し込まない

クレジットカードを申し込んだ情報は信用情報を見ればわかります。

まとめて複数申し込んでいたり、連続して申し込んでいるとカード会社から警戒されて審査に落ちやすくなります。

明確な基準はありませんが、同時申し込みは3枚まで、落ちた場合は半年間は開けた方が良いと言われています。

まとめ

債務整理した後に一般的なカードを申し込んでも発行される可能性は低いです。

また、たとえ喪明けしたとしてもクレジットカードの利用履歴が全くない状態を「スーパーホワイト」と言い、審査に通る可能性は低くなります。

早いうちにデポジット型カードを作りクレヒスを積み、アメックスカードや審査の甘い一般カードに挑戦していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【経験者が厳選!】債務整理に強い弁護士事務所3選

東京ロータス法律事務所(旧:岡田法律事務所)

任意整理着手金:22,000円/1社
報酬金:22,000円/1社
減額報酬:11%
経費:5,500円/1社
自己破産着手金:220,000円
報酬金:220,000円
経費:55,000円
個人再生着手金:330,000円(住宅ローンなし)
    440,000円(住宅ローンあり)
報酬金:220,000円
経費:55,000円
電話相談受付平日:10:00~20:00
土日祝日:10:00~20:00
事務所所在地東京都台東区
対応地区全国
※費用はすべて税込み価格

価格、実績、休日対応などトータルで見て一番おすすめできる弁護士事務所です。

弁護士法人ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

任意整理着手金:22,000円/1社
報酬金:22,000円/1社
減額報酬:11%
経費:5,500円/1社
自己破産着手金:220,000円
報酬金:220,000円
経費:5,500円/1社
個人再生着手金:330,000円~
報酬金:220,000円~
経費:5,500円/1社
電話相談受付平日:10:00~18:00
事務所所在地東京都墨田区
対応地区全国
※費用はすべて税込み価格

女性専用窓口もあるので、女性には特におすすめです!

アース法律事務所

任意整理着手金:22,000円/1社
報酬金:22,000円/1社
減額報酬:10%
経費:実費
自己破産着手金:330,000円~
報酬金:110,000円~
経費:実費
個人再生着手金:330,000円~(住宅ローンなし)
    440,000円~(住宅ローンあり)
報酬金:220,000円~
経費:実費
電話相談受付平日:10:00~19:00
土日祝日:10:00~19:00
事務所所在地東京都港区
対応地区全国
※費用はすべて税込み価格

元裁判官が代表の事務所なので、自己破産や個人再生など裁判所を通す手続きにおすすめです!

目次